1日に摂取すべき水の量


一日に必要な水の摂取量は本人の体重が目安になります。 体重を30で割った値が必要とする水のリットル数になります。 例えば体重が60kgの人の場合は、約2リットルという計算です。

意外と細目に水分を摂っていればそのくらいの量は自然と摂ることができます。 なぜなら必要なのは水分であって、すべてを水で摂取する必要はないからです。
当然、朝、昼、夜の食事にも水分は含まれていますし、食べながら飲むこともあります。
飲みながら食べるなんてアルコールがあるからいくらでも大丈夫、と考えている人はやめてください。
なぜならアルコールには利尿作用だけでなく、体内の水分のバランスを崩してしまう効果もあるのです。
アルコールによる二日酔いは脱水症状のひとつとまでいわれています。 こうなりますとアルコールからの水分補給は期待できません。
それなら無理、飲む暇なんてないといわれる人も多いかもしれません。 確かに周りに飲む物がないと人間は我慢してしまいます。
日中の学校や会社の中では特に当たり前です。

しかし学校は昼休みがあります。 会社も仕事の合間に休憩が取れるでしょう。 そういう時にペットボトルに水を入れてもっておくのです。

大きなペットボトルだと目立ちますから、小さなペットボトルで3本くらい持っておけば十分です。 暇を見つけてはの少しずつの水分補給を続ければ、周りもはじめは不思議がるかもしれませんが慣れるでしょうし、水分補給ブームを作れば飲みやすいですね。 水は前日に沸騰させて、冷ましたものを冷蔵庫に冷やせば簡単に美味しい水ができます。 レモン汁などをいれてもいいでしょう。
こちらにある、水の飲み方,味わい方についてのページもおすすめですので、是非ご覧ください。

毎日ミネラルウォーターを買っていればかなりの出費になります。 上質な浄水器などがついていたり、水をこまめに購入していればそれらを利用するのもいいでしょう。自分で買いに行くと重くて大変ですので定期的に届く定期的に水が届くシステム、宅水システムというのがおすすめです。 そばにあれば自然と水分を取ろうとします。 それが習慣になれば必要な水の量という考えもなくなり、水を飲むことが当たり前となっていることでしょう。
ミネラルウォーターの比較サイトでは、 人体に必要な水の解説を掲載していました。参考にしてみてください。
ページのトップへ戻る